チラシはしょこたんの仕業だった あなそれ9話 感想 最終回が楽しみすぎる

チラシはしょこたんの仕業だと思ってたけどやっぱり‼
友達(麗華)に好かれたいためにやっていることだと思ってたけど、ストレス発散の自分のためだったとは・・。渡辺夫婦・有島夫婦の4人の感情が交差する物語だと思っていたけど、しょこたんや、涼太の同僚などの複雑な感情などが出てきて面白い。

ここにきてやっと一人一人の本音がぶつかってきてついつい見入ってしまう。しょこたん、涼太の同僚の気持ちに悲しい思いをしたのは私だけだろうか。

麗華がチラシの件で頭を下げるシーン、大人な対応。私には到底無理。幼いころから感情を押し殺して生きてきたのだろうか。麗華の言動には毎回、冷静だなと感心するが、実家へ帰ってしまうのは意外。そろそろ本音が爆発しそうな予感。麗華のことは応援してる!

渡辺夫婦は離婚、有島夫婦は仲直りだと思っていたが逆パターンか?

美都が涼太のもとへ戻る気がしてきたが、それはそれで自分勝手。

離婚して別々の道を歩んでほしいけど・・。

涼太のこと頭おかしい奴だと思っていたけど、さすがに切なくなる回でした。

あなそれ 最終回動画 見逃し配信無料youtube,pandora&みんなの予想